His Beautiful Smiles

Searching Cure for Progressive Degenerative Disease

 

初カイロ


Edit Category リハビリ (Rehab)
前回の記事で、Leoの症状は神経、脳が一次原因ではなく、背骨系から来ているのでは?という可能性について書いた。

そして、今日、Leoは初めてカイロを受けた。

そして、早速、症状に変化が。

で、忘れないうちに書いておこうと思う。

-歩行

今日は朝から足がクロスして出て、支えがあっても歩けなかったが、カイロ後、左も右もまっすぐでている。こんなにまっすぐでるのは何ヶ月ぶり?かかとからついて、つま先から離れている。いつもはかかとからついて、かかとで出る感じ。

階段を上がる際も(もちろん支えられてだが)、しっかり膝を上げて、その後体重を乗せて上の段へ。普段なら足がピーンと張って、突っ張った感じで上る。

-バランス

今日は朝からふにゃふにゃで、ほぼ全体重が私の手にかかり、足もクロスで支えるのがしんどかったが、カイロ後は相当軽い。体全体がしっかりしてる。座っているときの姿勢がいい。お腹に力が入っている。左脚の突っ張りが目に見えて改善。

-首

明らかに首の落ちくぼみが改善。うつぶせでもしっかり首、頭を上げていれる。後ろから見て首がある。あごも埋もれてない。

-肩、腕

飲み物を飲む際、両サイドに持つところがあるカップさえ、肘を突いてやっと持ち上げてたが、今は肘もつかずしっかり持ち上げてる。腕も上がる。

-表情

ここ数年歩けなくなってからは、顔の筋肉も弛緩しててだらしなく見えるが、カイロ後は表情がはっきりしている。1歳、2歳時のときのようだ。声もよりはっきり出る。

-反応

言ったことに対する反応も早くなった。


いろんなことが、「お~。こんなのいつ以来だろう」という感じ。

とてもいい感じです。

少しずつでも元に戻っていってくれるといいけど…


しかし、こうやって明らかに違いが出るということは、やはり首、肩、背中系の原因のような気がする。
コンピューターを使った診断でもその近辺のバランスが悪いようだ。

自分も10年程前首、背中、腰の具合が悪いとき、こっちで少なくとも10人程のカイロプラクターに診てもらい、ボキボキ、ボキボキの連続。症状は回復したり、悪くなったり。仕事も出来ず、半年苦しんだ。

最終的に埒が明かないと思い、日本へ行って口コミで教えてもらったカイロへ。そこの先生はボキボキなしで、いつも頭と首の付け根近辺を手で診断して、全体の状態を探り、悪いところをピンポイントで手、または指で軽く押す。本当に、ただ、それだけ。

数カ月通ったが、これが驚くほど効いて、歩くこともままならなかったのが、半年後、サーフィンができるまでに回復。

実は今日Leoが会った先生も、同じようなことをしていて、正直ビックリ。
アメリカで初めて会いました。しかもサンディエゴに。

全くうれしい限りです。


正直、神経科は未だにはっきりした答えを教えてくれないし、これ以上Leoがどんどん悪くなっていくのを見ていられない。

だから、今できることをやってあげたい…

最大限やってあげたい…

一心に…



日々、ただ、それだけです。

Newer Entryアメリカの障害児福祉(Welfare for disabled children in US)

Older Entry整形外科的な原因の可能性を考える

Comments



 
01 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

12 02


 
 
 
 
 
 
 
プロフィール (Profile)
カリフォルニア・サンディエゴ郊外在住。失調症の息子のことを中心に、日米の障害児事情の比較や、ふと思ったことなどを書いてます。コメント、TBフリーです。

From San Diego, CA. Topics on my son with ataxic CP, US-Japan comparison on physically-challenged children, and just some tweets from life. Comments welcome.

leosena

Author:leosena
FC2ブログへようこそ!

 
 
検索 (Search)
 
QRコード (QR Code)
QR
 
 


ARCHIVE RSS